女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした6話ネタバレ【絶体絶命から生還!押入れでムフフ】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 7話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

由紀さんはものすごく怒っていました。

 

 

理由は

「相川が上の階に住む女の子とセックスをしたあと、パンツを部屋に忘れていったから」

 
パンツを手に取った大家さん。

相川に問い詰めます。
「いったい、これは・・・どういうことなんですか?」

 

 

言い訳はもう出来ません。
完全なる証拠を押さえられたからです。

 

 

どうしようか?と思った時。

 

ピンポーン

 

部屋のチャイムが鳴りました。

 

 

チャイムに気をとられた大家さん。

足元の布団が滑ってふらつき、相川と一緒に倒れてしまいました。

 

 

倒れた勢いで大家さんのシャツのボタンが吹っ飛び、おっぱいが丸出しになってしまったのです。

 

 

シャツのボタンが取れ、ブラのホックも外れてしまい相川の目の前には

大家さんの巨乳が!!

 

あまりの恥ずかしいハプニング。

大家さんは身動きがとれません。

 

 

チャイムを鳴らし、部屋を訪ねてきたのは上の階に住む女の子。

 

 

「昨日忘れ物しちゃったから、ちょっと中に入れてくれませんか?」

 

 

彼女は、昨日のパンツを取りにきたようでした。

 

 

壮介も由紀さんもフリーズしたまま動けず・・・。

上の階の女の子を迎える事は出来ません。

 

 

「・・・いないのかな?上から行ってみよ」

 

 

「天井の穴からこの部屋に来る気だ」

 

相川はこの状況を大ピンチだと判断。

大家さんの手を握り、慌てて押入れの中に隠れます。

 

おっぱい丸出し、パンツも丸見えの状態の由紀さん。

 

壮介に猛抗議!

 

「相川君!なんで押入れに隠れるの!?」

 
「あんな状況見られたら変な誤解されちゃうでしょ!」

 

 

もっともらしい返事をする壮介。

しかし、由紀さんは壮介を振り切って出ようとします。

 

 

それを阻止するための最終手段は、強引にキスをする事だったのです。

 

「んんっ!!」

 

いきなりのキスにびっくりして、驚きのあまり動きが止まってしまいます。

 

 

そのままおっぱいを刺激しつつ、壮介は由紀さんにキスを続けました。

 

「相川君・・・やめっ・・・当たってる」

 

「ずっと擦れてて・・・変な感じ・・・」

 

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした5話ネタバレ【昨日のエッチが忘れられない・・・】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 5話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

昨晩のコトがあってから、壮介と由紀さんの関係には亀裂が入ったまま。

 

壮介がバイトから帰ってきても修復することはありませんでした。

 

 

その日の夜も、2人は会話がないまま寝ることになるのです。

 

 

今まで由紀さんの笑顔を「癒やし」にしていた壮介。

この状況は大ダメージでした。

 

 

「由紀さんにエッチなことをするのはやめよう・・・」

 
そう自分に誓って寝ようとしたのですが、

ギシギシッ!!

天井からまた騒音が聞こえてくるのでした。

 

 

まだ直っていない天井の穴から、2階の彼女が降りてきたのです。

 

 

今度は見事な着地wで落ちてくる女の子。

凄くセクシーな格好でした。

 
ピンクのシースルーキャミソールにノーブラ。

 

 

透けて見えるおっぱいにそそられます。

 

「なんでここに!?」

 

壮介は2階の女の子が突然やって来たことにびっくりしています。

 

 

そして、彼女からの爆弾発言に壮介はさらにびっくりします。

 

「忘れられないの、昨日のエッチ」
潤んだ瞳で見つめられ、壮介は一気に興奮するのでした。

 

 

由紀さんが寝ているのにもかかわらず、上の階の女の子は壮介に猛アピールしてきます。

 

 

壮介は必死に我慢します。

 

 

しかし、彼女も引きません。

 

「やっぱりだめ?」

 

おっぱいを押し付けながら懇願してくる女の子。

 

 

断る事が出来なってしまう相川。

 

「しゃーない。すぐ済ませるぞ」

 

そう言うと、その場で布団をかぶってエッチを始めようとします。

 

 

キャミソールを脱がせると、

大きなおっぱいと引き締まった身体。

 
石鹸の香りがほんのりと漂ってきます。

女の子の表情も完全に「シテ欲しい」というエッチな顔。

 

「あっ・・・!」

 

おっぱいを舐めると、彼女はすぐにいい反応をしてくれます。

 

 

敏感すぎて、すぐに声が出てしまいます。

 

「ん・・・相川君・・・」

 

寝ているはずの大家さんの声。

2人は思わず

ドキッ

としてしまいます。

 

この状況がバレてしまったらマズイ!!

 

 

そんな思いでいっぱいいっぱいになっていたのですが・・・

 

 

 

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした4話ネタバレ【大家さんの魅力に暴走】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 4話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

由紀さんと過ごす始めての夜。

 

壮介は

「寝ている由紀さんに抱きつかれる」

と言ったラッキーなハプニングを体験することになるのでした。

 

 

興奮と理性が抑えきれなくなった壮介は、

「バレたら大変だ!」

と思いながらも理性がきかず、由紀さんのパジャマを脱がせていくのでした。

 

 

おっぱいを吸うと、それだけで由紀さんのアソコはぐちょぐちょにになっていました。

 

 
少し指を入れただけで、

くちゅくちゅ

とエッチな音が響きます。

 

 

「あっ・・・」

 

 

寝ているはずの由紀さん。

感じているのか、身体がビクンと動きます。

 

 

頭では「マズイ」と思いながらも、相川のアソコを触る指の動きは止まりません。

 

 

由紀さんのアソコを愛撫しつつ、キスをします。

 

 

「んっ・・・」

 

 

大家さんは遂に目を覚ましてしまいます。

 

 

この時点ではまだ、大家さんは

エッチなことをされている

ことに気づいていない様子。

 

 

しかし、壮介の暴走はどんどん加速。

アソコを触り続けるのでした。

 

 

違和感を感じた由紀さんは、完全に目が覚めるのでした。

 

 

「相川君!?なにやって・・・!」

 

大事な部分を触られて驚く大家さん。

 

 

「ヤバイ」

と思いつつも、愛撫をやめることはありませんでした。

 

 

 

由紀さんの質問にも答えることなく、愛撫を続ける相川。

 

「あ・・・あぁぁっ!!!」

 

 

 

 

 

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした3話ネタバレ【大家さん驚きの提案は・・・】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 3話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

 

2階から落ちてきた女の子とセ◯クスをしているところを憧れの女の子、大家さんに見られてしまうのでした・・・。

 

 

心配して駆けつけた大家の由紀さん。

 

2人のその状況を見ると、

 

「おっ・・・お邪魔しました!!!」

 

ダッシュで部屋から出て行こうとします。

 

 

 

壮介は、誤解を解くために必死で由紀さんを追いかけます。

 

 
何とか事情を説明するのですが、由紀はまったく信じていません。

 

 

いきなり天井が抜けて偶然そうなった

 

なんて、簡単に信じられる話ではないですよね。

 

 

由紀さんは、なかなか信用する事が出来ずに2階に行って実況見分。

ようやく納得するのでした。

 

 

「湿気による床の腐敗がすすんでる。いつ崩落ちしてもおかしくないですね」

 

 

由紀さんは、状況を把握すると、

「私が大家として責任を取ります」

と言い、2つの提案をするのでした。

 

 

1.天井が直るまで彼女は由紀さんの部屋を使う

 

2.由紀さんはしばらく壮介と住む

 

 

壮介にとってはすごくサプライズな展開でした。

 

 

大好きな大家さんとの共同生活が実現するのです。

 

 

夜になり、壮介の部屋に由紀さんがやってきました。

 

 

「明日もバイトですか?」

 

 

由紀さんは普通に会話をしてきます。

ですが・・・

 

壮介にとっては憧れの女の子、由紀さんのパジャマ姿に興奮してそれどころではありません。

 

 

そして、

かなりの巨乳にドキドキが隠せません。

 

 

しかし、

由紀さんは壮介の事を「男」としては見ていなかったようでした。

 

 

さっさと2つの布団を引くと、寝始めてしまいます。

 

 

由紀さんの寝相は、想像とは違い、すごいものでした。

 

 

真夜中にふと目が覚めた壮介は、由紀さんが風邪を引くといけないと思い、布団をかけようとしたのですが・・・

 

がしっと、突然抱きつれてしまいます。

 

目の前には、柔らかそうなおっぱいが!!

 

誘惑に負けてしまった壮介は、由紀さんのおっぱいを。。。

 

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした2話ネタバレ【気持ち良すぎて止められない腰】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 2話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

 

「な・・・なんで!?」

 
上から降ってきた女の子は、

 

 

「何がなんだか分からない・・・」

 

 

という状況。

 

 

 

自分の部屋で、息子を刺激していた壮介もそれは同じでした。

 

女の子は必死に崩れかけている畳につかまって、下の部屋からは下半身だけがぶら下がって見えます。

 

 

壮介がいることを知っていた女の子。必死に助けを求めます。

 

壮介は女の子を彼女を助けようとするのですが・・・

 

 

バキバキッ!!!

 

派手な音を立てて、床が崩れていきました。

 

 

床が崩れると同時に、

女の子も一緒に落ちてきました。

 

 

女の子は、壮介の真上に落ちてきます。

 

ずぶっ・・・

 

何と、女の子が落ちた先には、勃起中の壮介の息子が。

 

偶然にもほどがありますが、女の子のアソコに壮介の息子がはいってしまったのです!

 

 

壮介と女の子は、

一瞬何が起こったか理解できない状況。

 

 

無言になってしまいます。

 

騎乗位の体勢のまま2人は見つめ合っていました。

 

 

壮介は床が落ちる瞬間までオナ◯ーをしていたので、我慢が出来ません。

 

 

女の子に挿入したまま、思いっきり腰を動かすのでした。

 

 

気持ち良くなって、欲求を抑える事が出来なくなった壮介。

 

 

女の子の着ているタンクトップをめくり上げる、大きなおっぱいをもみ始めます。

 

 

「いやっ・・・離して!!」

 

 

抵抗はするものの、身体はすごく感じてしまっている女の子。

 

 

 

壮介がおっぱいを吸うと、身体は正直に反応しているのです。

 

 

壮介は腰を動かし、
下から思い切り突き上げてきます。

 

 

じゅぶ・・・ちゃぶ・・・

 

 

彼女のアソコがかきまわす音が狭い部屋に響き渡ります。

 

 

「ん・・・あっ・・・いや!こんなの・・・」

 

 

彼女は口では抵抗するものの、身体は気持ちよくてたまらなくなっていました。

 

 

 

漫画のタイトル通り、

「女の子が落ちた先は、息子の先っぽでした。」

になってしまいました!

 

 

偶然の出来事なのに、気持ち良くなってしまう上の部屋の住人。

とってもエロいです♪

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした1話ネタバレ【騒音の正体と驚きの!】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 1話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ
▼ クリック ▼

相川壮介は高卒のフリーター。
貧乏暮らしで、住んでいるところは四畳半のボロアパートです。

「疲れた・・・。」

この日も壮介は、
バイトから疲れてクタクタになって帰ってきました。

ボロボロになるまで働く彼。

でも、

一つだけ幸せな瞬間があったのです。

それは・・・

 

「おはようございます。」

「今日は夜勤だったのですか?」

 

疲れて部屋に入ろうとする壮介に声を掛けてきたのは、アパートの大家をする清水由紀さん。

 

壮介にとって『美人な由紀』だけは、
とても幸せな瞬間を実感できる存在だったのです。

 

紫色のエプロンに黒いストッキング。

 

上品で清楚な顔をしている由紀。
上品ながらも、格好はどことなくセクシーな感じで。

 

そんな由紀に恋していたのでした。

 

由紀は、ほうきを持ってアパートの掃除をしていました。

 

「ゆっくり休んでくださいね。」

 

由紀は、壮介に会う度気にかけてくれ、壮介もまたそんな由紀に日々癒されるのでした。

 

部屋に戻ると、
さっきの「癒しの時間」がまるで嘘のような事態が起きました。

 

けたたましい騒音に悩まされるのです。

 

多少の騒音なら疲れていても我慢出来たのですが・・・

 

ドンッドンッ!!

 

すごく騒がしい音に、
壮介は苛立っていました。

 

しかも、この日だけではなく、
こんなに迷惑な騒音が毎日続いていたのです。

 

「ただでさえ疲れているのに・・・」

 

「面倒な相手だったらいやだな」

とは思いつつも、我慢出来ない位うるさかったので、上の階の部屋へ行き注意をしにいくことに。

 

「すみませ~ん!」

 

「うるさいんですけど!」

 

ドアの前で思い切り叫ぶ壮介。
そぉーっとドアが開きました。

 

部屋から出てきたのは女の子。
しかもすこぶる美人!!

 

「すみません・・・。」

 

「そんあにうるさかったですか・・・?」

 

緑のショートパンツにタンクトップ姿。

美人な上に、凄くセクシーでした。

 

まだ若い壮介。

見るところが違います。

 

部屋の住人のタンクトップからは、

ポッチが2つ!

 

女の子はノーブラだったのです!!

 

一瞬ですが、
女の子が前かがみになった時、

乳首がチラッと見えてしまい・・・

 

「うるさいも何も!」

「こっちは疲れて寝ようとしているんだよ!」

 

と、言いたかった壮介でしたが、若くて綺麗な女の子の乳首まで見せてもらい・・・。

許してあげることにするのでした。

 

思いもしない、まさかのサプライズでした。

 

女の子と話しをしていると、彼女は思っていたよりも常識のある人。

 
「女優を目指していて、たくさん練習していた。」

 

と言います。

 

「女優になる為に、たくさん努力してるんだ・・・。」

壮介はそんな健気に頑張る上の階の住人を、応援したくなるのでした。

 

「すみませんでした・・・。」

「以後、気をつけます・・・。」

 

見た目少し派手な女性が、
夢に向かって頑張ってただけ。

 

そんな彼女が
しおらしく謝ってくる姿に
壮介は「仕方ない」と納得するのでした。

 

部屋に戻ると、上の階からは相変わらず騒音がしてきました。

 

寝ようとしているのに、うるさいくて寝れない時間が続きます。

 

しかし、

「あんなに頑張って練習しているんだ」

と思うと、許せる気分になったのです。

 

そして、さっき見た

長くて細い足と、
細いウエスト・・・。

胸元から見えてしまったピンク色の乳首を思い出していると、ムラムラしてしまいました。

 

壮介は、
彼女を想像しながらオナ◯ーを始めるのでした。

 

パンツを脱ぎ、アソコをシコシコとする壮介・・・。

 

すると、予想外な出来事が起こるのでした!!

 

信じられない展開ですが、あの上の階の女の子が

オ◯ニー中の壮介のアソコの上に向かって落ちてきます!

 

オナ◯ー中のアソコを見られてしまうだけなのか?

 

それとも、漫画のタイトル通りに

「息子の先っぽに・・・」

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼