女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした4話ネタバレ【大家さんの魅力に暴走】

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした 4話ネタバレを紹介中!

 

 

 無料試し読みはこちらからどうぞ

▼ 画像をクリック ▼

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした

 

由紀さんと過ごす始めての夜。

 

壮介は

「寝ている由紀さんに抱きつかれる」

と言ったラッキーなハプニングを体験することになるのでした。

 

 

興奮と理性が抑えきれなくなった壮介は、

「バレたら大変だ!」

と思いながらも理性がきかず、由紀さんのパジャマを脱がせていくのでした。

 

 

おっぱいを吸うと、それだけで由紀さんのアソコはぐちょぐちょにになっていました。

 

 
少し指を入れただけで、

くちゅくちゅ

とエッチな音が響きます。

 

 

「あっ・・・」

 

 

寝ているはずの由紀さん。

感じているのか、身体がビクンと動きます。

 

 

頭では「マズイ」と思いながらも、相川のアソコを触る指の動きは止まりません。

 

 

由紀さんのアソコを愛撫しつつ、キスをします。

 

 

「んっ・・・」

 

 

大家さんは遂に目を覚ましてしまいます。

 

 

この時点ではまだ、大家さんは

エッチなことをされている

ことに気づいていない様子。

 

 

しかし、壮介の暴走はどんどん加速。

アソコを触り続けるのでした。

 

 

違和感を感じた由紀さんは、完全に目が覚めるのでした。

 

 

「相川君!?なにやって・・・!」

 

大事な部分を触られて驚く大家さん。

 

 

「ヤバイ」

と思いつつも、愛撫をやめることはありませんでした。

 

 

 

由紀さんの質問にも答えることなく、愛撫を続ける相川。

 

「あ・・・あぁぁっ!!!」

 

 

 

 

 

 

続きはこちらから読んでみて下さいね!

(超羨ましい展開になっています♪)

 

▼ クリック! ▼

コメントを残す