間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ1話ネタバレ

間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ1話ネタバレ・感想を紹介しています。(タイトル:伝説の痴女発見!満員電車であえぐJK)

 

 

無料立ち読みはこちら

▼画像をクリック▼

間違って男性専用車両に乗った私。
乗客にOK娘と勘違いされ
[ComicFesta]間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ….ver1.2.1

間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ1話ネタバレ

ある日、とある路線に男性専用車両が導入された。

 

その理由はずばり、痴漢対策!!

 

その効果はテキメンで、痴漢はめっきり減少するのですが・・・

 

 

それを境に『妙なうわさ』を聞くようになるのです。

 

 

男性専用車両に、痴漢をされにやって来る女がいる・・・

 

 

伝説の痴女の存在。

 

「会ってみたいなぁ・・・」

 

「伝説の・・・」

 

 

そんなことを思っていると、誰かにぎゅっと服を引っ張られます。

 

「お兄ちゃんってば!」

 

「もー!さっきから呼んでいるのに!」

 

お兄ちゃんと呼ばれる男は翔太。

呼んでいたのは、妹の唯奈。

 

唯奈は兄にお弁当を忘れていることを教えると、急いで取りに家に走っていく。

 

唯奈は先に駅に行き、兄を待っていることにするのでした。

 

 

電車の時間に何とか間に合った翔太。

大慌てで乗り込んだ電車は、「噂の男性専用車両」・・・。

(妹の存在はすでに忘れています。)

 

 

「伝説の痴女に会えるのではないか?」

 

 

期待を胸にドキドキしていました。

 

 

乗る気ではなかった男性専用車両。

翔太は、とってもとってもいやらしいことを沢山妄想します。

 

 

そんな時、

翔太が載っている男性専用車両から、女性の声が聞こえてくるのでした。

 

 

「あっやっ・・・」

 

 

「もしかして・・・この声は・・・」

 

 

翔太は女性の声が聞こえてくる方へと振り向くのです。

 

「はぁっやんっ」

 

女の子はおじさんにお尻をむぎゅっといやらしく握られています。

 

「はっ・・・ぁあんっ」

 

 

翔太は伝説の痴女だと思われる女性を発見します。

 

 

よく見ると、その女性は翔太と同じ学校の制服でした。

 

 

複数の男に大きなおっぱいを揉まれいます。

 

きゅうっ

 

と、乳首をつままれると、女の子は感じています。

 

 

耳をなめられ、おっぱいを刺激され・・・。

ついに痴漢の指は、女の子のアソコに入っていきます。

 

 

ちゅくっぢゅぶ・・・

 

 

女の子のアソコはもう濡れていました。

 

 

痴漢されている女の子のすぐ近くに来た翔太。

 

「俺も混ぜて欲しい・・・」

と女性のカラダに手を伸ばしていきました。

 

 

その時です。

女の子の声をよく聞いてみると、

『痴漢をされて感じて出ている声』ではないのです。

 

 

「誰か・・・助けて・・・」

 

 

「え?」

 

 

翔太は女の子の声を聞き、

「この女の子は伝説の痴女じゃない!」

と判断しました。

 

 

この女の子はいったい誰?

 

そして、どうして男性専用車両に入ってしまったのでしょうか・・・

 

無料立ち読みはこちら

▼画像をクリック▼

間違って男性専用車両に乗った私。
乗客にOK娘と勘違いされ
[ComicFesta]間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ….ver1.2.1

 

間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ1話感想

 

イラストタッチがすごく最高な作品です。

妹の唯奈ちゃんがすごく可愛い顔をしているのですが、可愛い顔には似合わないほどに、すごくエロい体つきをしています。

 

翔太は、伝説の痴女に会うことができるのでしょうか。

 

次の展開も楽しみです。

そして、◯◯◯の乱れるシーンにも、注目です。

 

エロ可愛い女の子が大好きな人には、特にオススメな作品です。

 

そうでない人も、「エロ可愛い女の子の虜」になっていくように感じます(*´∀`*)

 

無料立ち読みはこちら

▼画像をクリック▼

間違って男性専用車両に乗った私。
乗客にOK娘と勘違いされ
[ComicFesta]間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ….ver1.2.1

 

最後まで「間違って男性専用車両に乗った私。乗客にOK娘と勘違いされ」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!

 

コメントを残す