親友の母親は俺の恋人3話ネタバレ【久しぶりの精子を受け入れる】

親友の母親は俺の恋人 3話ネタバレを紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

▼▼クリック▼▼
親友の母親は俺の恋人

親友の母親は俺の恋人3話ネタバレ

 

「こんなことするの・・・久しぶりだから・・・。」

 

「ゆっくり・・・ね・・・」

 

親友の母親である依子さんと、長年の想いが実った。

親友が帰ってくるまでの間、ベッドの上で愛を確かめ合う。

 

ズプッ

ヌプ

 

部屋に響いてくるのは、

甘い喘ぎ声と

粘液が絡みあう卑猥な音だけだった

親友の母親は俺の彼女3話

 

「んぁ・・・」

 

依子さんは、優しく背中をさすってきた。

 

「気遣ってくれてありがとうね・・・。」

 

「意外と大丈夫そう。」

 

「もっと動いてっ」

 

その言葉でスイッチが入ってしまった俺。

激しく腰を動かし、長年の想いを彼女のアソコへと叩きつけていく。

 

パンッパンッ

 

『っくっつぅ』

 

『あぁっあっ///』

 

パーンっ

 

じゅぼっじゅぼっ

 

「はっんんっ」

 

ぱぁん

 

「ひぃ・・・」

 

アソコに挿れたまま、彼女のカチカチに勃起している乳首を舌先で舐めた。

 

「んひぃ!」

 

 

「だぁ…めっ…あぁん」

 

気持ちいいのだろう。

『依子』さんは口をだらしなく開け

 

『私…もう…』

 

と、言った。

 

ぱぁんばん
俺ももう限界に近づいていた。

依子さんと一緒にイキたい!

 

「俺もですっ…抜かなきゃ」
!!
彼女は全身に汗がしたたっていた。

そして、イキそうな女特有の濡れた瞳で懇願するように

 

「ま、待ってっ・・・」

 

「そのまま・・・・」

 

 

 

【親友の母親は俺の恋人 2話感想】

今回の3話を読んで、胸が熱くなりました。

主人公の想いが・・・。そして、二人の想いが成就したのですからね!

 

親友まで公認というお墨付きな二人…羨ましい!

だって、依子さん。あんにエロいんですよ?

しばらく男なんて忘れていたはずなのに、あのエロさ!

なんなんでしょうね。。。

 

そしてセックスの最中の包容力が半端ない!

年上だからこその包容力。こんな人が相手なら、何回でもデキそうです。

 

プレー中に恥ずかしがる『依子』さんも良かったですね。

イマドキのガサツでだらしない若い女の子にはない恥じらい。

本当にこういうのを見ると、可愛く見えてしまいます。
『どうしましょう…息子の親友とこんなことに…』

なんて心配するのは、母親ならしょうがないですけど、息子の方が1枚上手です。

 

より乱れてしまう『依子』さんに期待しています♪

 

 無料立ち読みはこちら

▼ クリック ▼

親友の母親は俺の恋人

コメントを残す