人妻交姦ゲーム!ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで7話ネタバレ【堕ち始める人妻】

人妻交姦ゲーム!(ひとづまこうかんゲーム) ~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで~ 7話ネタバレあらすじ感想をレビューしています。

 

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック ▼▼
→人妻交姦ゲーム←
人妻

 

言葉巧みに土原のモノに誘導されていく人妻・・・。

 

「とりあえず・・・。」

「根本までしゃぶってくんない?」

 

土原は人妻雅子に、
ビンビンに勃起したイチモツを見せつけるのだった・・・。

(口止めをするつもりが、アレで口封じされてしまうなんて・・・)

前回の「人妻交姦ゲーム」6話のあらすじ

 

人妻交姦ゲーム
~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで~

6話

→「俺のチ◯ポ舐めてくんねースか?」

 

人妻交姦ゲーム!~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで7話あらすじ

 

「誰にも言わないからさっ」

 

「とりあえず・・・」

 

「根本までしゃぶってくんない?♪」

 

土原は、大きく勃起している男性器を雅子に見せつけた。

 

「…え…?」

「こ…こんな…大きな…コレ…を?」

 

『その、おちょぼ口でぱくりん♪とね』

 

「やっ・・・そんな・・・」

 

「くわえるなんて…」

 

言葉では抵抗している『雅子』。

ですが、その口はすでに

大きくなっている男性器を

待ちきれないように開けてしまっていた。

 

「そんな話…」

「きいて…な…い」

 

昨晩だけの交姦相手の男性器を舐めるなんて、踏ん切りがつかない『雅子』。

 

土原は巧みな話術でまた、人妻をおとしいれようとしている。

 

「パイセンも『俺の奈緒』の口で、三回射精したらしいからさ…」

 

その言葉が『雅子』のタガを少しはずしてしまうことに…

モノから香る男の危険な臭いに釣られるように…

 

「ほ…ほんの…すこし…」

「一回だけ口の中に…入れるだけ…」

「それ…だけよ…」

 

雅子はそういうと、

は…む…

っと、『敬三』のモノを口に受けれ入れてしまう。

(す…すご…男の人の匂いが…)
次第に行為はエスカレートしていく。

雅子の口に男性器を入れたまま、腰を動かし始めた。

 

くちゅ…

 

「奥さんの口の中がキツキツだから、ねっとりチ〇ポにからまりまくって、すんゲ~~気持ちいいっスよ~~」

 

ユサユサ

 

くちゅ…

(動かすなんて…言ってないのに…!)

 

言葉では否定しつつも『雅子』は完全に

『敬三』のモノ

を受け入れてしまっているように目を閉じ奉仕している。

 

「こんなに気持ちよくしてもらったから…奥さんにもしてやらなきゃっスね!」

 

ビクッ

『雅子』のぷるん♪とした胸を露出させボ〇キした乳首を

 

コリコリ

くにくに

 

執拗に攻めていく…!

 

「あ…あぁん」

(なんで…わかるの…わ…わたしの…気持ち…いい所…)

 

『雅子』は『敬三』の巧みな攻めに酔い始めている

ビクンビクン♪

 

「あン…まって…やだ…イキ…そ~…」

 

『敬三』の指は下に…更に下にと伸びていき…

隠しようがないほどに濡れてしまっている

 

『雅子』のアソコに伸びようとしていた・・・

 

『人妻交姦ゲーム』は1話たったの60円で読めますよ^ー^

旦那以外の男性器を味わった事のない人妻

さっき会ったばかりの
チャラ男に挿入されて・・・

☆オススメの漫画です☆

無料立ち読み&本編はこちら
▼▼ クリック ▼▼
人妻交姦ゲーム
人妻

人妻交姦ゲーム!~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで~7話感想

いや~遂にきましたね!おしゃぶりタイム♪

言葉では否定しつつも、口を開けて待機してしまっている『雅子』が可愛い!(必見!!)

 

『雅子』は臭いフェチ的なところもあるのかもしれませんね|д゚)

 

夫がいるのに『敬三』の攻めに負け、甘い喘ぎ声を出し始めた人妻『雅子』

 

次回遂に一線を越えてしまうのか…楽しみです!

 

次回は

「夫を信じられず、遂に人妻が・・・・」

とても気になるところです!
楽しみですね(*´∀`*)

 

非常に次回の「人妻交姦ゲーム」8話も期待出来ます(^◇^)

 

次回の「人妻交姦ゲーム」8話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→「ダメダメ!挿れちゃダメ!!」

 

人妻『雅子さん』。
となりのヤンキーに挿れられて・・・

夫の提案によって
交姦されたばっかりに・・・

 

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック ▼▼
人妻交姦ゲーム
人妻

 

最後まで「人妻交姦ゲーム」~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで~7話ネタバレにお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す