八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚1話ネタバレ【魅惑のバケモノとの濃厚なセ◯クス】

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~(はちしゃくはちわけらくめぐり)1話ネタバレと感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら
▼ クリック! ▼
八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~1話ネタバレ

 

酷い雨の降る夜。

山の頂上付近でバイクが故障して動けなくなってしまった男。

 

そこに1台のタクシーがやって来ました。

ズブ濡れになっている男は、タクシーに乗り込みました。

 

「ひどい雨ですね。」

「これでヨシ。」

「メーターを止めましたのでゆっくり休んでいって下さいね。」

 

男に優しく話しかけるタクシーの運転手は女性。

少しだけ普通の女性よりは背が高い人でした。

 

「暇つぶしに怪談話でもしませんか?」

 

タクシーに乗ってきた男がそう言ったところから、

「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚」

は始まっていきます。

 

最初に男が怪談話をはじめました。

怪談話のタイトルは「八尺様」。

 

ある村に、「八尺様」という怪物がいました。

 

八尺様とは、

「身長が八尺もある大きな女性」

「八尺様は少年が大好物」

「八尺様に魅入られてしまうと最後。」

「その少年は取り殺されてしまう・・・。」

 

という事でした。

ある少年が親の田舎に里帰りした時、八尺様に出会ってしまいました。

 

外で遊んでいると、大きな女性と目が合ったというのです。

八尺様のターゲットにされてしまった少年。

 

少年の祖父母は、

「八尺様に見つからないようにしないと」

と部屋に閉じ込めます。

部屋の襖には、八尺様が入れないようにたくさんの御札を貼り付けて・・・。

 

そして祖父は少年にこういうのでした。

「朝の7時になったら部屋を出てこい。」

「こちらからお前を呼ぶことは絶対に無いから。」

「部屋から出ないように!」

 

「八尺様に魅入られると殺されてしまう・・・」

祖父母のその言葉を思い出すと、恐怖でカラダが震えてくる少年。

 

しかし、昼間に会ってしまった八尺様が

とても美人でキレイだった事を思い出すと、

「本当にそんなに怖い女性なのかな?」

と疑問に思うのでした。

 

時間はまだ真夜中。

恐怖でカラダが震え、全然寝れない少年。

 

その時、部屋の外から少年を呼ぶ声が聞こえてきたのでした。

 

「もう、部屋から出て良いんだ!」

そう思った少年は、襖を開けて部屋の外に出てしまうのです。

 

廊下には八尺様・・・。

 

「騙された!」

そう思った時にはすでに遅く、少年は

「殺される・・・!」

と、瞬時に判断しました。

 

八尺様を目の前にして、カラダの震えが止まらない少年。

しかし、八尺様をよーく見てみると

八尺様は、大きな体格の女性ではありましたが、すごく美人で巨乳だったのです。

 

少年の目には八尺様はとても魅力的な女性に見えたのです。

 

少しだけ八尺様に好意を抱いてしまっていた少年。

美人な八尺様に誘われるがまま「大人の階段」を上っていくのでした。

(ここで少年と八尺様はエッチな事をします。濃厚過ぎるエッチなシーン・・・。そこがとてつもなくエロく興奮します☆)

 

朝の7時になっても部屋から出てこない少年。

少年を心配する祖父母。

 

少年が寝ている部屋に行き、
襖を開けてみる事にしました。

 

部屋にはグッタリして、叩いても起きない少年がいました。

 

「八尺様に会ってしまったようだな・・・。」

「でも、まだ生きている。」

 

「2度と八尺様に会わせてはいけない!」

と判断した祖父母。
少年を八尺様から離すために、車に乗せ村から連れ出す事にしました。

 

八尺様は、この村から出る事は出来ないのです。

 

少年は親戚に囲まれて車に乗り込みます。

 

しかし、八尺様は

「少年が車に乗ってどこかに去ろうとしている事」

に気づいていました。

 

少年の乗る車に、ぴったりと追いついてくる八尺様。

 

「行かないで・・・」

と、涙を流しながら追いかけてきます。

 

少年は、

「八尺様は本当にキレイだなぁ・・・」

と、意識が朦朧としながらも思うのでした。

 

しかし、追いかけてくる八尺様を

美しい女性

に見えるのは少年だけだったのです。

 

少年以外の人が見える八尺様は、

恐ろしくて醜い化け物

でした。

 

必死になって追いかけてくる八尺様。

親戚の努力によって少年は、なんとかその村から逃げ出せたのでした。

 

そして、少年は2度とその村に遊びに行くことはなかったのでした。

 

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚1話の感想

八尺様の見た目は、とても魅力的な美人。

そして、何ともいえないほどの巨乳の持ち主です。

 

他の人が八尺様を見ると『醜い怪物』ですけど・・・。

 

「大きな女性ってちょっと苦手だな・・・」

って思っていましたが、八尺様を見ていると

「大きな女性も魅力的!」

って思ってしまったから不思議なもんです。(本当に美人です。特にエッチなことをしている時の八尺様が!)

 

「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」1話は

少年の事を好きになってしまった女性と、「キレイだ」と思った女性と初体験をしてしまった少年の別れが

「ちょっと悲しい終わり方で可哀想だな・・・。」

と思ってしまいました(T_T)

 

少年とエッチな事をしている時の八尺様は、

妖艶で物凄く魅力的な女性。

 

ですが、化け物としての八尺様はやっぱり不気味に見えます。

 

今回の「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」1話は、

『ホラーを重要視』

して読むと、少し物足りなく感じてしまいます。

が、エッチを重要視して読む人にはすごく楽しめる作品です♪

 

八尺様の魅力の虜になっていた少年が、

「そのまま飲み込まれていくのではないか?」

と思うほど、心を奪われていく描写がしっかりしていました。

 

絵もとても上手で
不気味もしっかり出ていたし、エロいシーンも納得の出来栄えでした。(エッチなシーンの八尺様は本当に魅力的に描かれていました。)

絵の上手さが、この作品を飽きさせることなく読み進めていける要素だと感じました。

 

八尺様の美貌もしっかりと描かれていて、

「読んでいる読者の方も、少年と同じように魅入られていくのではないかな?」と思います。

 

『八尺様の魅力の虜になってしまった少年、その後どうなってしまったのか?』

についても、物凄く気になる終わり方でした。

※ちなみに、「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」8話で衝撃のラストを迎えています。

 

無料立ち読みはこちら
▼ クリック! ▼
八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

コメントを残す