飼育小屋少女5話ネタバレ【2匹の幸せ】

飼育小屋少女5話ネタバレと感想を紹介中です。

 

 

無料試し読みはこちら
▼ ▼ クリック ▼ ▼
飼育小屋少女
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

ミミとの関係が続いても、

少女が小屋で唯一のメスであることは変わらない・・・

 

男の知らないところで、
何度も何度も2匹のオスに犯されていく。

(男とオス。たった1匹の少女の争奪戦・・・。セ◯クスを覚えた少女はどんどんエロくなっていく!)

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

前回の飼育小屋少女4話のあらすじ

 

生徒たちがオスを連れ散歩に行っている間、少女に会いに飼育小屋に行く男性教師。

『絶対にシテはいけない危険な行為』がしたくて・・・

理性を失い、ミミのカラダを何度も奪う男。

 

交尾とは違う優しいセ◯クスで今までにない位、感じてしまった少女は・・・

飼育小屋少女
4話
ネタバレ

→セ◯クスを覚えた少女は自ら男を誘って

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

飼育小屋少女5話あらすじ

ある日の午後。

その日も「ミミ」は、オス達の交尾の相手をしていた。

特別な感情を抱いてしまった男性教師は、そんな少女の姿を金網越しに眺めているしか出来なかった。

 

ちゅぼ!

 

ぢゅぼっ!

 

聞こえてくる性行為の音。

2匹のオスは長時間に渡り、激しく少女を犯していく。

 

以前と違いオス達は、
ミミのアソコではなく、アナルに挿入していました。

 

男性教師に開発されてしまった影響だろうか・・・。

 

少女自身もオスにアソコではなく、

「アナルに挿れて欲しい」

と誘導しているようだった。

 

少女はアナルに挿れられ、恍惚とした表情をしている。

 

かつては一方的に犯されるだけだった少女。

今ではオス達との性行為を愉しんでいる様子だ。

 

「んっ・・・」

 

「チロチロ・・・」

 

舌先を使って、ヨダレをダラダラと垂らしながら奉仕までしている。

 

『どこでこんなこと覚えたのかしら』

隣の同僚と生徒達が話かけてきた。

 

しかし、そんな言葉は男性教師の耳に届かなかった。

ひたすら「ミミ」とオス達との行為を凝視していた。

 

「チラッ」

一瞬少女がこちらを見てくる。

 

まるで、

「どう?上手くできてるでしょ?」

と言わんばかりだ。
(「ワタシ良い子にしてるよ?」とご機嫌伺いをする子供の様に無邪気に・・・。)

見せつけるような「ミミ」の視線に戸惑いながらも、男性教師のモノは痛いほど膨張していた。

 

男性教師の視線に気が付いたオス達。

『このメスは俺のだ!』

と、いわんばかりに少女を激しく犯しまくる!

 

「チュボチュボ」

と卑猥な音が響く中、
少女とオス達は男性教師に見せつけるかのように動きを一層激しくしていった。

 

アナルにマグマのような精を吐き出し、

ミミの顔には大量の白濁液を浴びせられている。

 

オスと少女の性行為を見た生徒。

「あれならニンシンできるよね、せんせー?」

と質問してきたが、それどころではなかった。

 

オスの精液で
ドロドロになっている少女を凝視して、曖昧に返事をすることしかできなかった。

 

「ミミ」が微笑みを浮かべながらこちらを再び見つめてくる…

 

男性教師の目を見ながら、
発射されたオス達の精液を美味しそうに味わいながら舐めている。

 

ペロ♪

ペロ♪

 

このままではいつ

「ミミ」がオス達に

孕まされてしまうと危機感

を感じてしまう男性教師だった。

 

「精液を美味しそうに舐めるミミが早く見たい!」

というアナタはこちらからどうぞ
▼ クリック ▼
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

少女を奪われる!と危機感を感じた男性教師・・・

その夜、男性教師は飼育小屋行くことした。

そして、嫉妬で狂いそうになる衝動を抑えることが出来ず「ミミ」を乱暴に犯していく・・・。

 

少女は男が来るのを待っていたらしく、既にメス穴はビチャビチャに濡れていた。

 

いきり立ってる男性器を挿入すると同時に、快感の声を上げて男性器を受け入れる。

 

『この淫乱のメスめ!』

と言い放つとミミは言葉がわかるのか、

「もっと言ってほしい!」

かのように『プルプル』と体を震わせている

「あう…きゃう♪」

恍惚とした表情をするミミ。

小屋の中に響く甘い喘ぎ声。

『お前は、誰のメスか思い知らせてやる!』

「パン!パン!」

 

激しい音を立てながら男性器を「ミミ」のメス穴に叩きつける男。

「あいつらではなく、俺が妊娠させてやる!」

とばかり何度も何度も精子をミミの中に吐き出す。

 

そのたびに「ミミ」も快楽に溺れた声で鳴く。

「きゃんきゃう♪」

セックスに没頭しているその時、
小屋は突然強い明りに照らされた。

 

灯りの方に目をやると、
懐中電灯を持った同僚の女性教師の姿が・・・。

 

無料試し読みはこちら
▼ ▼ クリック ▼ ▼
飼育小屋少女
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

飼育小屋少女5話の感想

「飼育小屋少女」は今回の5話で最終話になってしまいました・・・。

 

セ◯クスという快楽を覚えてしまった「ミミ」が、オスとの性行為中に

「上手になった?」

とばかりに主人公に見せつける姿はNTRっぽく興奮しますね♪

 

嫉妬など色んな感情で一杯になってしまった主人公。

「ミミは俺のメスだ!」

といわんばかりに、妊娠させようとするのですがそのセックスシーンがまた激しく濃厚で「ミミ」自身も今までの蓄積もあり最高の描写に仕上がっているのではないでしょうか!

正直言ってミミ・・・。

可愛すぎです!!

この後の結末は、
きっとそれぞれ思うことが違うと思います。

私は「まぁ2匹が幸せならいいんじゃない?」と思いました。

この「2匹」というのが大事なポイントなんですよ!

是非是非、アナタのその目で確かめてみてください♪

次回の飼育小屋少女6話のネタバレはこちらから

飼育小屋少女は今回の5話で最終回です。

続編を早く出して欲しいですよね・・・。
(もっとミミが見てみたかった!)

 

無料試し読みはこちら
▼ ▼ クリック ▼ ▼
飼育小屋少女
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

コメントを残す