飼育小屋少女1話ネタバレ【交尾と称され激しく犯されるの無垢な少女】

飼育小屋少女1話ネタバレと感想を紹介中です。

 

 

無料試し読みはこちら
▼ ▼ クリック ▼ ▼
飼育小屋少女
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

この春、とある地方の学校に異動になった新任の男性教師。

見た目はごくごく普通の学校。
同僚も。そして生徒達も・・・

気持ちを新たに、出発するはずだった。

あの飼育小屋の少女を見るまでは・・・。

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

飼育小屋少女1話

同僚の女性教師に学校内を案内してもらい、校舎や遊具などを施設を見て回ります。

生徒達も遠巻きに新任の若い男性教師を見ています。
ここまでは赴任してきた教師にとっては普通の出来事。

 

女性教師と最後に向かったのは飼育小屋。

「どんな小動物がいるのか?」

と思い覗いてみると、中には信じられない光景が!

 

そこには、

衣服を着ていない「女の子」が小屋の中にいたのです!

小屋で飼育されている少女との衝撃の出会い

見た目は中学生くらい。

淡く膨らんだ胸。
黒髪のショートカット。

首には「逃げださない」ようにしっかりと首輪が付いてる・・・。
(見た目は可愛い普通の中学生の女の子が、首輪をされているとか・・・。思わず見入ってしまいます)

 

「なんで女の子が飼育小屋に?」

 

同僚の女性教師は冷静に答えます。

 

「何を驚いているのですか?」

「見た目は人間に似ていますけど、ただの「動物」ですよ?」

 

そんな会話をしている間に生徒達もやって来ます。

 

「先生!ミミに餌をあげてよ!」

 

小屋の中にいる少女の名前は「ミミ」。
そして生徒があげようとしているエサも驚きのモノでした。

 

それは、人間では絶対に食べないような『クズ野菜』・・・。

普通の少女が鎖につながれ、捨てるようなクズ野菜を食べさせられているのです。

 

生徒達は、この『異常ともいえる状況』を何も疑問に思っていません。

そんな現実に男性教師は戸惑うばかり。

 

 

「少女は餌が貰える!」と、喜んで柵の近くまで寄ってきます。

 

恐る恐るゆっくりと少女に餌を近づいけていく男性教師。
(そのときに「ミミ」が柵に触る音が「カチャ」と鳴るのですが、少女のこの悲壮感がとても良いです。)

 

少女は男エサをくれる男性教師に無垢な笑みを向けます。

 

純粋な可愛い笑顔を見た男性教師。
違和感を感じながらも、思わず鼓動が高まってしまいました。

 

男性教師は少女の笑顔が忘れられず
今までに経験のしたことの無い感情を胸にして、小屋を後にします。

 

「先生は、あの仔に気に入られたみたいですね。」

 

と本来ならば女性教師の仕事である飼育小屋担当を任せられてしまった男。

釈然としないままだったが、少女の「あの笑顔」が頭から離れなかった。

そして翌朝、驚く光景が!

 

「きゃん!」

「きゃうぅ・・・」

 

と小屋の方が騒がしい。
走って飼育小屋に向かうことに。

 

そこには自分の目を疑ってしまうほど信じられない光景があったのです・・・

 

昨日見た、あの「無垢な笑顔」をしてくれた少女が、ケダモノに犯されていたのです!(動物のように後ろから激しく挿入されていました!)

 

少女が同意も無しに、犯されているのを見て戸惑う男性教師。

 

どうやら少女が飼われている小屋の中には、少女と同じ種類のオスも2匹飼っているらしい。

 

慌てて犯されているのを止めようとする教師。

 

ですが、同僚の女性教師は、

「ただの交尾ですよ。」

と・・・。

 

メスは「ミミ」の一匹のみ。
オスは発情期の真っ最中。

 

ほぼ野生と言ってもいいオスに、「ミミ」は本能のおもむくまま犯されています。

 

まだ胸も膨らみかけの少女。

このあと、乱暴なオス2匹にうしろから・・・。

そしての中も!

 

少女が逃げ出せない狭い小屋の中で、激しく犯されていく姿。

 

とっても興奮してしまいますよ(*´∀`*)
(少女が普通の人間のするセ◯クスとは違う激しい交尾を・・・。必見です!)

 

無料試し読みはこちら
▼ ▼ クリック ▼ ▼
飼育小屋少女
Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

飼育小屋少女1話の感想

こんな異常事態に男性教師以外は驚くほど冷静。。。

 

「普通のことですよ。」

としか言いません
(この学校の普通って・・・。なんて素晴らしいんだ!)

 

交尾中にもう一匹のオスが「ミミ」に近づき、今度は前から「ミミ」の口に男性器を突っ込み、犯し始めるのです。

 

前と後ろ両方の穴から激しく犯されていく「ミミ」。
(交尾中の少女も、「これが普通」とばかりにオスを受けれ入れています。気持ち良くなって少女の口から漏れる喘ぎ声も可愛い♪)

 

少女のアソコの中が気持ち良いのか、
オスの動きが激しくなり、腰をみっちりと押し付けて「中出し」をされてしまいます。

 

中出しされたと同時に「ミミ」も
それに合わせるようにビクビクと痙攣させながらイッてしまう…。

 

中出しの味を覚えているという事は、男性教師が赴任してくる以前から、ミミがオスに何度も何度も犯されて続けていたんでしょう。

 

少女が犯されている(交尾)光景を見ている男性教師が『自分のモノが痛みが走るほどにいきり立っている』ことを自覚してしまっているところなどを見ていると、

次回からの
「ミミ」と「男性教師」の関係がどのように進展していくのが楽しみです。

 

次回の飼育小屋少女2話のネタバレはこちらから

→金網越しに手をつなぎながら少女は他のペ◯スに侵される

 

 

 

 

 

 

オススメ漫画

コメントを残す