犯りなおしっ画像付き全話ネタバレ無料情報も

【犯りなおしっ】を画像付きで全話ネタバレしています。

 

無料試し読みはコチラ
▼ クリック ▼
→犯りなおしっ
Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

「犯りなおしっ」基本データ

タイトル 犯りなおしっ
作者 まりん☆まろん
配信話数 18話完結
必要ポイント 80ポイント
配信サイト Handyコミック

※備考 「ガ◯にもどって犯りなおしっ」と同じマンガです。

 

「犯りなおしっ」を画像でイメージしてみてください(*´∀`*)

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

(ボク君のお姉さん。この女の子も犯りなおしされます。)

 

 

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

(こんな風になってしまいます♪)

 

 

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

(早紀ちゃんも・・・)

 

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

(幼なじみのセラ。こんな小さなスク水を着て・・・)
Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

Handyコミック【犯りなおしっ!!!】LP1※スマホ専用

「犯りなおしっ」のあらすじ

小学校の頃に「女たち」にイジメられて、女性恐怖症になってしまった男。

女にいじめられたせいで、社会人になった今でも女性が怖くて、上手く接する事が出来ません。

そしてそのせいで、今も童貞。

「あの頃に戻れれば・・・」「あの頃に戻って、人生やりなおしたいっ」

それがこの男の今の望みでした。

そのチャンスは、突然やって来ました。

外を歩いていると、男の電話が鳴ります。発信者は男の姉。

「もしもし・・・」姉と話をしていると、今日は姉の昔からの友人「香澄さん」の結婚式だというのです。

急いで結婚式場に向かう男。

結婚式はとても楽しそう。まわりを見渡してみると、知っている女性の顔がたくさんありました。

「◯◯さん」、「◯◯さん」、「◯◯さん」・・・

知っているその女性たちは皆、幸せそうです。

結婚している人もいれば、中には子どもまでいる人も・・・。

「何で俺だけ、こんなにも不幸な生活をおくってないといけないんだ・・・」

「自分だけ不幸な人間。」

今の自分の不幸せな環境を比べると猛烈に嫌になった男は、結婚式場から逃げるように走り出しました。

「あいつらのせいで・・・」「あいつらさえいなければ・・・」

無我夢中で走る男。

階段にさしかかった時、思いっ切り階段の1番上から転げ落ちてしまいました。

衝撃で意識を失った男。

「大丈夫ですか・・・?」

転げ落ちた男に女性が声をかけてきてくれました。

「あっ、イテテテ・・・」

「だ、大丈夫です・・・」

声をかけてくれた女性の方を見てみると見覚えのある顔でした。

「か、かすみさんっ・・・」

「かすみさん」と言う女性は姉の同級生で、昔よく家に遊びに来ていた女の子でした。

「あれ?かすみさん・・・。」

「けっ、結婚式は?」

さっきまで結婚式でウエディングドレスを着ていたのに、なんでこんな所に?

男の脳内はそんな事を考えていました。

「結婚式?何言ってるの?ボク君!」

ボク君とは、この男の小さい頃のアダ名でした。

そして今、「ボク君」と呼んだのはこの男の姉でした。

 

「なんだこれ?」

 

男は精神はそのまま。体だけあの「いじめられていた子どもの頃」に戻っていたのです。

男は誓いました。

「あの頃俺をバカにしてきた”女ども”に復讐してやろう!」と・・・。

 

「犯りなおしっ」登場人物

ボク君

 

 

 

 

昔それは社会人になった今でも変わらないでいた。

 

 

「犯りなおしっ」あらすじ

子どもの頃の思い出は何色ですか?

そう質問されたとしたら、俺はこう答えるだろう・・・。

 

「普通の人はセピア色と言うだろうが、俺の場合は暗黒・・・・。」

 

何故、「暗黒」というのか?

それは、子どもの頃から女たちに”ヒドイいじめ”をされてきたからだ。

 

小学生の頃から学校でイジメられて、女関係では今まで一度も良い思いをした事が無い俺。

そのせいで、女から逃げるような生活を送っていた。

 

中学からは、女がいない男子校に進学。

実家からも出て、男子寮に住んだ。

 

それからも、「女恐怖症」は治ることがなく、社会に出てからも女とは無縁の生活を送っている。

 

当然、童貞だ・・・。

唯一の趣味は自慰行為・・・。

 

性欲は、人一倍強いため、自分の部屋では昼間からオ◯ニーばかりしている。

 

オナネタは、昔から変わらない。

「香澄さん」という女性だ。

 

香澄さんは俺のアイドルだ。

 

香澄さんと言う女は、姉の同級生でとても綺麗な女性。

優しくてとても上品だった。

 

そんな香澄さんのエッチなシーンに子どもの頃、遭遇した事がある。

それは香澄さんが玄関で靴を履いている時、前かがみになっている時だった。

香澄さんのパンチラを偶然みてしまった。

 

白いパンティが脳裏に鮮明に記憶されている。

俺はその記憶をおかずにして、いつもオ◯ニーをしている。

 

夕飯の買い物に出かけた。

「今日の夕飯は何にしよう・・・」

そう考えている時、普段は鳴らない電話が鳴った。

 

画面を見てみると、姉からの着信だった。

 

「◯◯さんの結婚式だから、おいでよっ」

 

「◯◯さんが結婚だって!?」

あわてて結婚式場まで走りだす男。

 

結婚式場まで、猛ダッシュで走るとそこにはみんな幸せそうな顔をしていた。

丁度、花嫁がブーケを投げているところだった。

 

笑顔でブーケを奪い合っている女たちを見てみると、知っている顔があった・・・

 

それは、子どもの頃に俺をいじめていた同級生・・・。

そして姉。

 

みんな幸せそうな顔をしている。。。

 

 

「何で俺だけ、こんなにツライ生活をしているんだ・・・」

 

「何で、毎日オ◯ニーばっかりして、生きていかなければならないんだ・・・。」

 

俺は女どもに子どもの頃イジメを受けてきたせいで、こんな悲惨な生活を過ごしている事を俺は恨んだ。

 

「あの頃に戻れたら、俺はこんな生活はしていなかっただろう・・・。」

 

「戻りたい・・・あの頃に・・・」

 

「昔に戻ってやりなおしたい。。。」

 

「後悔のない人生を・・・」

 

今、生きている事が嫌になって現実逃避したくなった。

 

俺は、現実逃避をしようとして一目散に走りだした。

 

「あっ・・・・」

 

階段から転げ落ちる俺・・・

 

頭を打っただろうか。。。

 

「イテテテ・・・」

 

う~ん・・・

 

その時、声をかけてくる女性がいた。

 

「大丈夫ですか?」

 

聞き覚えのある声だ・・・。

 

「だ、だいじょうぶです・・・」

 

声のする方をむいてみると、そこには見たことのある顔が。

 

姉と憧れの女性、香澄さんだった。

 

「あれ?」

「何で姉貴と香澄さんがこんなところに?」

 

「式はどうしたの?」

 

キョトンとする姉と香澄さん。

 

「姉貴ってなによ~?ボク君オトナぶっちゃって~・・・」

 

「え?」

 

 

「え?」

 

 

なんだ?おかしいぞ?

 

何で二人とも制服を着てるんだ?

 

ゆ、夢か?

 

いつの間にか、タイムスリップしていた・・・

 

よくわからないが、精神はオトナ。

見た目は子どもの状態でタイムスリップをしてきたようである。

 

「この時、俺は-・・・」

「俺をバカにしてきた女たちに復讐を誓った・・・っ!!!」

 

復讐その1 幼なじみのセラ

「クラスの中心人物でイジメっコ女子。」

 

復讐その2 セラのおばさん

「子ども扱いしたせいで、自信を奪った女」

甘えるフリをして、性処理道具に!

 

復讐ファイルその3 早紀(ボク君の姉)

幼い頃にセクハラしてきた女

 

復讐ファイルその4 夢野

性悪女

 

復讐ファイルその5 涼原きり

何者かに依頼されて、嫌がらせをしてくる女

 

復讐ファイルその6

?????

コメントを残す